完成:

平成11年11月

構造:

中2階建て。

収容人数は30~40名。登山シーズンは満員になることもあります。建物内は明るい雰囲気で耐寒性に優れています。

この小屋は緊急避難用の施設です。管理人はおらず、利用の際の予約は不要です。無人の小屋ですので下記の事項に留意願います。

 

○トイレの使用について

小屋には沢水を利用した夏季用簡易水洗トイレと非水洗の冬季用トイレが設置されております。

汚水の処理は、自然の地形を利用した自然浄化方式を採用しており、トイレットペーパー以外の紙を使用しますと故障の原因となりますので、必ずトイレットペーパーを使用してください。トイレットペーパーは登山者の皆様が各自持参するよう心がけ願います。

トイレの詰まりや故障の原因となりますので、生理用品等の異物は絶対に捨てないでください。

○ゴミ処理について

みなさんの避難小屋です。ゴミ持ち帰りなどのマナーは徹底願います。マッチ、缶詰などを善意で置いていっても結局ゴミとなります。

○その他

近くには銀明水の湧き水がありますが、生水での飲用は自己の責任でお願いします。